DJIからSPARKが出るってよ

おはこんにちわ。新型ドローンが登場しました!ミヤコエンタープライズはDJIユーザーなんだけどそのDJIが手のひらサイズの最新ドローン「SPARK」の予約が始まっています。DJIストアの情報によると、6月5日より発送開始予定になってます。

DJI-Sparkイメージ動画はこちらから

手元にあるmavicproと動画やスペックから考察して行きたいと思います。まずは値段は本体価格の65,800円からコンボ価格は91,800円本体初めてはコンボ価格で考えるとmavicは169,800円です。差額は78,000円です。かなりでかい買いやすくなりましたね。重量が300gなのでかなり軽くなりましたが日本の航空法の対象ドローンです。200gの壁は厚いですね。mavicは734g倍以上差がありますね。spark飛行時間15分(無風時)mavic27分無風時ってのが気になるけど約半分の時間だと遠くに飛ばしたりは難しいかな。バッテリーもたくさん必要になるかも。

機体が軽いので風の影響はかなり受けるはず近くでしか使えない可能性があるので東京などの都市部や観光地は航空法でほとんど使えないのも痛いですね。mavicとphantom4を比べても風の影響をかなり受けやすいです。mavicで飛ばしていて風に煽られると警告出たりする規定の風速出てないはずなのに、sparkは風に弱いと思うのでちょっとマイナスかな。

sparkはハンドジェスチャーで操作に対応する。手を振って呼び戻したり、手のひらで離着陸が可能。これはすごいですね。個人で使うにはかなり使いやすくなってると思います。飛行中には、前方の障害物を立体的に認識できる3次元認識システムを搭載し、衝突も回避します。

カメラの性能やジンバルはmavicが良さそうですが実際どのくらいの差があるのかは、使って見ないとわかりませんね。新たに追加されたのがpanoモード(パノラマ)縦/横方向の撮影が可能。shallowfocusモードでは、背景をぼかしつつ被写体を引き立たせることができる。パノラマモードは嬉しいですね。1枚じゃ撮りきれない風景を撮影することが可能になるので撮影の楽しみが増えますshallowfocusモードは正直そこまでいい写真ができるのか疑問ですが選択肢が増えたのはいいですね。

色がアルペンホワイト、スカイブルー、メドウグリーン、ラヴァレッド、サンライズイエロー初めてカラーを選択できるようになりましたね。今までは色の選択肢がなかったので他の製品も増やして欲しいです。

簡単に比較して自撮りで満足できるならsparkはかなりいいと思います。自撮りだけじゃなく風景も撮りたいならmavicがおすすめです。理由として最大飛行時間がやっぱり短いですね。解消するために予備のバッテリーをたくさん買ったらかさばって意味ないです。もともと飛行時間はドローンでかなり気にするところなので倍近く飛行時間が違うわ痛すぎるかな。オススメはmavicですがsparkもdjiの商品なので間違えはないでしょう。値段も買いやすくなってます。自分の撮影したいのものを考えて購入を考えていきましょう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP